端午の節句:五月人形(兜・鎧・鯉のぼり)

「端午の節句」は中国から伝わってきたもので、端午の端は“はじめ”を、午は“午(うま)の日”と“五”をあらわしています。中国では昔、この“五月のはじめの午の日”に薬草をつんで健康に暮らせるようにと願うお祭りがありました。そして五月五日のように奇数が重なる日は、おめでたい日とされ。この二つの風習がひとつになって日本へ伝わったのは、千年くらい昔。宮中では、菖蒲やよもぎを使って災いをはらう行事を行うように成りました。「端午の節句」のことを「菖蒲の節句」とも呼ぶようになったのも、この頃からです。

 さらに鎌倉時代には、この菖蒲が武芸をうやまう“尚武”や“勝負”に通じるものとして、武士の間でも、「端午の節句」をお祝いするように成って行きました。そして、子供達が菖蒲でつくって遊んでいた兜や刀は、やがて元気な男の子のシンボルとなり、江戸時代には“強くたくましく育て”と男の子の出産を祝って五月五日に飾られるように成りました。
このように、「端午の節句」は、災いをはらうための行事と、元気に育てと願う親の気持ちがひとつになって生まれたものなのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。